靴の選び方を目的別にご紹介!冠婚葬祭など [メンズ編]

シーンによって選ぶ靴の種類はさまざまで悩んでしまいますよね。また、彼におしゃれな靴を購入したいけれど、どんなものを選べばいいか分からず、結局無難な商品を購入してしまうことありませんか?

ここでは、メンズファッションバイヤーがお悩みに合わせたメンズ靴についての種類や選び方のポイントをお答えします。

お悩み別 男性の靴選びのポイント!

スニーカー以外にもカジュアルでお洒落に履ける靴ってどんなのがありますか?

男性にもオススメ!ブーツ・イン系コーディネート

「今年は」というよりは「今年も」と言ったほうがよいですね。ブーツ・インスタイル!サーフ系のおしゃれなブランドのみならずさまざまなブランドからムートンブーツをはじめ、色々なデザインのものが出ています。いつものボトムをインするだけで一気におしゃれさんに早変わりしますよ♪

ムートンブーツ

結婚式の時に履く男性の靴ってよくわからないんです…。革靴の種類もたくさんあるし、色とかにも決まりってあるんでしょうか?

紐付きのストレートチップを選びましょう。

結婚式では紐付きのストレートチップを選ぶのが基本です。マナーとして、スピーチを頼まれている時や親族の結婚式などでは、黒を選ぶのが無難です。通常のゲストや二次会では茶色の靴でも問題ありません。

ストレートチップとは革の切り替えがストレートなものです。

革靴

急に葬式に参列することになったのですが、靴の種類に決まりはあるの?礼服の知識はそれなりにあるのですが…。

内羽式のストレートチップで、光沢の無い黒の革靴。

葬式では、光沢の無いシンプルな黒の革靴が基本です。カジュアルな印象を与えてしまうものは避けた方が無難です。革靴には、外羽式と内羽式というタイプがあるのですが、基本的に内羽式が冠婚葬祭などのフォーマルな場に適しているといわれています。

ストレートチップとは革の切り替えがストレートなものです。

子供の入園式に出席するのですが、初めてでどんな服装をしていけばいいか悩んでいます。靴にも決まりはあるのですか?

礼服よりも、スーツに革靴がオススメ!

革靴は、フォーマルな場で使える黒色の内羽式のストレートチップがいいですよ。式典では、スリッパに履き替える事もあると思いますので、靴下にも気をつけてくださいね!また、服装ですが、最近は礼服ではなく黒のスーツを着る方が多いようです。礼服は園長先生や園の関係者の方々が着用するケースが主流のようですね。

ストレートチップとは革の切り替えがストレートなものです。

雨の日でも普段と変わらない革靴を履いていますが、すぐに底が擦り減ってしまいました・・・。雨の日にはどんな革靴がいいんでしょうか・・?

靴底がゴム底(ラバーソール)の革靴がおオススメです!

靴底がゴムだと革と比べ、水の吸収が少なく底が擦り減りにくいんです。さらに、滑りにくい為、転倒する危険性も少なくなります。

40代以上の男性にも履きやすいお洒落でオススメな靴はありますか?運転もするので疲れない靴がいいのですが…。

明るい色見のドライビングシューズがおすすめです。

大人男性のコーディネートにピッタリのライトなドライビングシューズはどうですか?軽い履き心地で、通気性も良くシーンを選べずに履けるので、ひとつ持っていると重宝しますよ。素足で履いても大丈夫なので忙しい時も裸足のままサクッと履けて外出できるのもいいですよね。

スリッポン

知っておきましょう。余白(捨て寸)について

ここでいう「余白」とは、靴のつま先の余白のこと。
この余白のことを専門用語で「捨て寸」と言います。靴の種類によりますが、この捨て寸を1〜1.5cm確保することが理想とされています。
捨て寸の確認は2回行うのがベスト。

1回目は履いて立ち上がった時。その際につま先を指で押し、きちんと捨て寸を確保できているかを確認します。

2回目は靴を履いた状態で歩いた時。歩行時にもきちんと捨て寸を確保できているかを確認して自分にあった靴のサイズを選びましょう。

暮らしをお助け!(読みもの)