足を痛めない女性の靴選び

足に合ってない靴を履き続けると大変!

実は足には全体重の20%もの負担がかかっていることをご存知ですか?サイズの合っていない靴を履き続けると、足を痛めてしまうだけでなく、歩き方にも影響が出てしまったり、女性の方は外反母趾になってしまうことも!

症状を予防・改善するために、まず靴を選ぶ前に自分の足の特徴を知っておくことがとても重要だと言えます。

知っておきましょう。あなたの足はどのタイプ?

靴選びの際に、自分の足がどのタイプか知っておくのもポイントです。
日本人の足の形で多いのは図の3タイプです。足の指の形によって異なります。

ギリシャ型
ギリシャ型
人差し指が長いギリシャ型の人にはポインテッドトゥがオススメです。
エジプト型
エジプト型
親指が長いエジプト型の人にはラウンドトゥがオススメです。
スクエア型
スクエア型
指の長さが同じで甲が平べったいスクエア型の人にはスクエアトゥがオススメです。

種類別 女性の靴選びのポイント!

パンプス
パンプスの場合

パンプスを選ぶ際には、かかとつま先横幅の3つのサイズを必ずチェックしてください。かかとがしっかりホールドされているか、アキレス腱に靴があたっていないか、靴のカーブとかかとのカーブが合っているかを確認し、かかとと靴の間に手の小指一本分がするっと入る程度が理想です。つま先や、かかとのチェックは足の指先から靴の先まで0.5センチから1.5センチ程の余白が必要なので注意しましょう。

パンプスはスロープで足を支えているため、しっかり靴のかかとに足を密着させた状態にして、つま先の余裕を見るように。
サンダル
サンダルの場合

サンダルはパンプスとは違い、かかとが5mm程度はみ出る程度の小さめサイズを選ぶのがオススメです!

金具付きのベルトの場合、金具がくるぶしなどに当たって痛くならないかチェックしましょう。

サンダルは、小さめサイズを選ぶようにしましょう。
ブーツ
ブーツの場合

ブーツはかかとや足首が少しキツめに作られている場合が多いです。甲がぴったりフィットしていると、ブーツから足が離れずついてきてくれて歩きやすいです。ゆとりがありすぎるものはNGです。

ゆとりはNG!ブーツは甲のフィット感が大切。
スニーカー
スニーカーの場合

靴の中で遊ばない、なおかつ指先が動かせるサイズを選びましょう。サイズで言うと、実際の足の長さ+1.0〜1.5cmくらいになります。試着の際には甲や幅がきつくないか、歩いて確かめましょう。

スニーカーは指先が動かせるサイズのものを選びましょう。
革靴
革靴の場合

革靴は小さめサイズを選びましょう。スニーカーなど通常の靴のサイズより1cmほど小さいものが適正サイズです。甲周りのフィット感もポイント。歩いてみて違和感のないサイズを選びましょう。

革靴は少し小さめのサイズのものを選ぶと良いです。

暮らしをお助け!(読みもの)