ボージョレ・ヌーヴォーの楽しみ方

誰でもカジュアルに楽しめるのがボージョレ・ヌーヴォーのいいところ!

毎年解禁日が楽しみなワイン好きの人も多いのでは?ワイン好きな人の特別な日ということではなく、日本でいえば『かつお』や『秋刀魚』解禁と同じ、旬を味わう収穫祭なんです。シニアワインアドバイザーを持つバイヤーに、初心者でも楽しめるようにボージョレ・ヌーヴォーについて聞きました。

フランスの地図

ボージョレ・ヌーヴォーって?

フランスのボルドーと並ぶ2大銘醸地ブルゴーニュ。その南端に位置するボージョレ地方は高級なイメージのブルゴーニュに対して、カジュアルにいただけるワインを作る土地として有名です。

秋のブドウ収穫後に素早く造る新酒(ヌーヴォー)で「出来たよ!」と楽しむのがボージョレ・ヌーヴォー。元々、地元住民が楽しむ地酒でした。その後、フランス政府によって公式に解禁日として発売することが認められたのを機に、世界中に広く愛されるようになったのです。

軽くて飲みやすい!その秘密は?

9月頃にブドウを収穫してすぐに仕込み、11月には販売するというスピーディな製造が特徴。そのため、「マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸潤法)」という特別な醸造方法で造られます。

結果、フレッシュ&フルーティで渋みがなく、ブドウの品種の特徴から香りはまるでキャンディ。みんなが大好きなブドウジュースのような親しみやすさがあるのです。さて、次回はどんな味!?

ボージョレは赤ブドウでしか造っていないため、できるのは赤ワインのみ!

できるのは赤ワインのみ
豆知識
なぜ遠く日本で解禁日をお祝いするようになったの?

解禁日は毎年11月の第3木曜日。日本では日付変更の影響により、世界で一番早く発売されます。ボージョレ・ヌーヴォーを世界で一番早く味わえることから、日本でもポピュラーに!

ボージョレ・ヌーヴォーの選び方

1
種類

ボージョレの中でもボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーといったヴィラージュがつくものとつかないものがあります。ヴィラージュが上位になり、ボージョレ地区の北側に位置する39の村だけで造られているもののこと。ボージョレの中でも高品質なブドウが収穫される優良産地です。

2
表記

V V(ヴィエィユ・ヴィーニュ)
樹齢30年以上の古い樹木から造られたワインに表記。人と同じで深みが増すらしいです。

ボージョレ・ヌーヴォーの選び方
3
受賞歴

毎年、解禁直前の日曜日にボージョレ・ヌーヴォー唯一の公式コンテスト「トロフェ・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォー」が行われます。最高金賞は約10,000品目を超えるボージョレの中でわずか1%。初めてなら受賞作を選ぶと安心かもしれません。

4
造り手

飲み比べて造り手の好きなタイプを見つけられれば毎年の楽しみに!ネットプライスでは造り手もしっかりご紹介していますので、注目して選んでみてくださいね!

美味しい飲み方

CHECK!湿度

飲みごろの温度は10℃〜12℃。冷蔵庫で1時間くらい冷やし、飲む20分〜30分前に出しておくのがベスト!

CHECK!グラス

気軽に楽しむワインですから、グラスはお手持ちのもので充分。

もし新たに購入するなら、口すすぼまった「キャンティ」がおススメ!

グラスの温度イメージ
豆知識
大げさ!?キャッチコピーが面白い!?

解禁と同時に話題になるキャッチコピー。
いい出来栄えを絶妙にズラしているのがちょっと面白いんです。

  • 1998年 「10年に1度の当たり年」
  • 2001年 「ここ10年で最高」
  • 2003年 「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
  • 2009年 「50年に1度の出来栄え」
  • 2012年 「ボージョレ史上最悪の不作」
  • 2014年 「当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ」
  • 2015年 「今世紀で最高の出来」

さて、次回はどんなキャッチコピーになるんでしょうね。

暮らしをお助け!(読みもの)